虹のマジカル・レッド(1) 白死面(ペールフェイス)と赤い魔女

  • 虹のマジカル・レッド(1) 白死面(ペールフェイス)と赤い魔女
  • 内容紹介

    不況風吹きすさぶ東京で通り魔が横行、次々と善良な市民が通り魔の凶刃に襲われていった。長髪を振り乱し、顔をブルーのベースファウンデーションで塗りたくっているところから人々は白死面(ペールフェイス)と呼んで、恐れ戦いた。タロット占い師で魔女の稲村虹子は、弟子の鞍馬正浩とともにその正体を暴くため、解明に乗り出す。警視庁捜査一課の井並警部の協力も得て、ついに真相に肉迫するが…。
    ホラーファンタジー、「虹のマジカル・レッド」シリーズ第1弾。

    ●朝松 健(あさまつ・けん)
    1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

    作者:朝松健
    購読期間:2016-06-03〜無期限
    必要ポイント:350pt〜450pt

巻で購入

もっとをみる

作者「朝松健」の他作品

出版社「アドレナライズ」の他作品